本文へ移動

インフルエンザワクチン接種

インフルエンザワクチン接種2回目

 今シーズンのインフルエンザは、平年に比較してスローペースで推移しています。
 新型コロナウイルスの感染対策による生活様式の変化が功を奏している為か、
患者数が記録的に激減して居りますが、これから急増する可能性も否定できません。
 又、昨年のインフルエンザワクチンの接種状況に比べて、今季のワクチン接種は3倍程度に
増加して大幅な改善も見られます。
 弊社では、万全な態勢をとり、会社負担で2回目のインフルエンザ予防接種を実施しました。
 個人及び家族への感染拡大の防止及び発症しても軽い症状で抑える効果などを狙って居り、
これは会社運営に重要な事で、社内での重症化の防止など多大な効果が表れて居ります。
 心配なのは、インフルエンザワクチンと新型コロナウイルスワクチンの関係ですが、
注射生ワクチンの接種間隔のルールは、27日以上の間隔をおけば、次のワクチンの
接種が可能となります。

インフルエンザワクチン接種

 今年もインフルエンザ(季節性)の流行シーズンとなって来ました。
 弊社では、個人及び家族への感染拡大の防止及び発症しても軽い症状で抑える効果などを狙い、年2回インフルエンザ予防接種を行なっています。
 欧米にとって恐ろしい新型コロナウィルスは、日本にとっては、インフルエンザと同程度の死亡率であり、ワクチンの予防接種は、とても重要です。
 これは、会社運営に当たり重要な事で、社内での重症化を防止して、多大な効果が表れて居ります。
 接種時期は、予防に最も効果的な時期を狙い実施し、本社の会議室で医療機関にお願いしています。
 もちろん会社が全額負担致します。
2021年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2021年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る